BeConSim Monitoring

version 2.3.12をアップロードしました。
本バージョンから、remifentanilのシミュレーションができるようになりました。

まず、「はじめに」をお読みください。利用条件等の記載がございます。


また、2008年5月をもちまして、BeConSimおよびBeConSim FentanylのWeb配信を終了させていただきました。

以前より、BeConSimおよびBeConSim Fentanylをお使いの方は、以下をお読みください。
[警告] BeConSimおよびBeConSim Fentanylでは、PKパラメータを変更できます。このことから、理論的にはBeConSimにより、RemifentanilのTCIが実現できそうですが、ポンプ制御の問題等から、BeConSimは正しく動作しません。万が一、自己責任でお試しの先生がいらっしゃいましたら、FentanylおよびRemifentanilのTCIをBeConSimもしくはBeConSim Fentanylで行うことは絶対にお止めください(BeConSim Fentanylはβ版、すなわちお試しバージョンとして配信しておりました)。

このブログ記事について

このページは、ますいねっとが2008年6月 9日 16:06に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「ソフトの概要とご利用条件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。