はじめにの最近のブログ記事

ソフトの概要とご利用条件

BeConSim MonitoringはWindows上でPropofol(Marsh/Paedfusor), Fentanyl(Shafer), Remifentanil(Minto)の血中濃度および効果部位濃度をシミュレーションするソフトです。
ソフトには使用方法の説明が付属しておりません。本ブログの「使い方」をお読みください。

予測血中濃度や予測効果部位濃度について知りたい方は、「薬物動態力学」カテゴリに説明がありますので、お読みください。


[利用条件]
BeConSim Monitoring(以下、本ソフト)は、臨床使用目的ではご自由にお使いいただけます。再配布もご自由に行っていただいてかまいません。
研究目的でお使いの場合は、研究でご使用頂く前に、メールにてinfo@masuinet.com宛にご一報ください。基本的には共同研究を条件としたご使用とさせていただいておりますが、場合によってはご発表の際にソフトを使用した旨を明記していただけば十分な場合もございます。

本ソフトを使ったことにより、お使いのPCや臨床麻酔、研究等で問題が生じたとしても、本ソフトの開発者は責任を負いかねます。本ソフトは、利用者の責任においてお使いください。

なお、利用条件をお守り頂けない方のご利用は固くお断りいたします。
上記以外の目的でご利用をご希望の場合は、ユーザ登録時に利用目的を明記してください。目的によってはユーザ登録をお断りすることもございますが、あらかじめご了承ください。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちはじめにカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはお願いです。

次のカテゴリはよくある質問(FAQ)です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。